巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

知られざる「給食の揚げパン」事情!?

揚げパンといえば、これでしょ〜?!

以前、Bitでも「ネットで給食メニューの通販が人気」と紹介されていたけど、たまに給食が恋しくなるときがある。

でも給食って、地域や世代によってずいぶん違うんだろうな。
と思い、さっそく友人に「思い出の給食」アンケート。小学生時代に人気のあったメニューなどを20代〜30代を中心に聞いたのだが、カレーライス、クリームシチュー、わかめごはん、ミートソースなど、人気メニューは世代を問わず、結構似ていた。

そんな中、人気メニューのひとつ、揚げパンについて面白い発見があったので、注目してみることに。

東京出身の私は、揚げパン=きな粉が当たり前と思っていたのだが、そうでもなかったのだ。まず、白い砂糖がついた揚げパン。これはありそう、というのはわかる。しかし、埼玉出身の30歳の知人によると、揚げパンは“ココア”が定番で、それが当たり前だと思っていたというのだ。

カルチャーショック! 私も30代だが、ココアの揚げパンなんて見たことない! もしかしたら、これは地域による違い?! しかし彼女とは別に、都内在住の現在25歳の知人からも、揚げパン=ココア説が浮上。地域や年代という枠をこえてしまった。それにしてもココアの揚げパンがあったら食べてみたかった。

また、違う意味でショックだったのが、神奈川県在住、30代友人の揚げパン。きな粉も何もついてなかったというのだ。これはちょっと珍しいかも。きな粉があってまだ良かった〜。

とテンションを取り戻しつつ、今どきの小学校はどうなのか、それが一番気になった。

そんなとき、友人の協力で、都内のある小学校の1カ月の献立表を入手。チェックしてみると、ビスキュイパン(パンの上にクッキーの生地を塗って焼いたもの)やキャロットパンといったハイカラなパンが並んでいるが、揚げパンが見つからない!

まさか、今は揚げパンがでないの? と確認してみたら、たまたまこの月はでなかっただけだという。驚いたのは、今もきな粉はでるけれど、他に“抹茶”の揚げパンもあるということ。

2006年9月3日 00時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品