巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

重さ2キロ以上!? デカすぎる消しゴムに萌える

これが「レーダーS-10000」。お値段は1万500円也。もちろん、買いですね

世の中には、デカくなければいけない物とデカくなくてもいい物の2種類がある(根拠なし)。以前、Bitでご紹介した「バケツプリン」は、まさに後者であり、デカくなくてもよい物をあえてデカくしている典型的なパターンなのだが、その堂々たるデカさぶりは、もはや市民権を得たかのように独立した商品として独り歩きしている。世の中やっぱり突き抜けてこそナンボ、中途半端は良くないですね、ということで今日も中途半端じゃすまない消しゴムの話題です。

仕事柄、鉛筆と消しゴムは欠かせないのだが「ちょっとインパクトある消しゴムないかな……?」と検索していたところ、見つかった商品が「レーダーS-10000」。この消しゴム、何がすごいってめちゃくちゃデカい! なんと縦276mm、幅141mm、厚さ43mm、そして重さは2285グラムもあるんです! 製造しているのは、大手消しゴムメーカーの株式会社シード(SEED)。でもなんでこんな巨大消しゴムを作ったのだろうか?

お話を聞いてみると、そのきっかけは大阪らしいユニークな回答。なんと「どうせやるなら一番大きい物を」という発想から生まれたそうで、話題づくりも含めてとにかく大きさにこだわった商品らしい。しかしただ単純にデカくするのは簡単だが、端から中まで同じ品質にするのが非常に難しい。やはりしっかりとした技術力があってこそ作れる一流品なのである。

購入した方はどんな目的なのか? 聞いてみると「受験のお守り」「イベントの景品」「消しゴムハンコ用」などこれまたユニークな内容。確かに、普通の消しゴムのように使う人はいないだろう。またこの「レーダーS-10000」には「レーダーS-JUMBO」なる姉妹品もあり、縦160mm、幅75mm、厚さ27mmと実用的なサイズ。こちらに関してはタレントの購入もあるそうで、だいたひかるさんや佐々木健介さんが自身のブログなどで紹介していたとか。

さぁ巨大消しゴム「レーダーS-10000」。気になるお値段だが、税込みでなんと1万500円。通常の消しゴムサイズの120倍以上とのことなので、根気よく使えばおそらく一生持ちそうな大きさ。高いとみるか安いとみるか。絶対になくすことはないが持ち歩きも難しい、メリットデメリットで考えるとやや押され気味だが、この消しゴムにはもっと大事なテーマがあるはずだ。「かなり売れている」という担当者の言葉を聞いてそう感じてしまった。
(木南広明)

2006年9月12日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品