bit

ザ・名古屋! 超巨大バケツプリンは売れているのか!?

名古屋といえば「結婚式」「喫茶店のモーニング」などなど“ド派手なイメージ”がある。とにかく“ゴージャスな都市”という印象が強いが、そんな名古屋らしい商品といえば「バケツプリン」。バケツプリンとは、読んで字の如く“バケツで作ったプリン”であり、知る人ぞ知る名古屋の珍商品。幼い頃「お腹いっぱいプリンを食べたいなぁ……」と夢見たことがあるが、おそらく食べきれないであろうそのボリューム。果たしてこのバケツプリンは一体どんな人が買うのだろうか? そして、売れているのだろうか? 余計なお世話だが非常に気になるこの疑問、実際に聞いてみました。

この商品を販売しているのは、名古屋の日本料理店「さんま亭」さん。もともとパーティーの二次会などで使える“ちょっと変わった盛り上げ役”として作ったそう。遊び心満載で「さすが名古屋」と感銘を受けるが、気になるその大きさはなんと、一番大きいサイズで12リットル。あまりプリンの大きさで“リットル”を使わないのでイメージがわかない方も多いと思うので、詳しく説明すると上部直径が31cm、底部が直径23cm、高さ約29cm。通常サイズのプリンのなんと“171個分”なのである! 材料には、卵(M〜Lサイズ)が80個、牛乳が9リットル使われているそうなのであらためて驚かされる。気になるお値段は、4万2800円。正直、高いのか安いのかはわからないが、とにかく盛り上がることは間違いなし。通信販売でも購入でき、多い月には7、8個も売れているそう。

ちなみにこの商品を買う人は、やはり「誕生日」「記念日」などパーティー目的がほとんど。まぁ、それ以外じゃなかなか買わないだろう。しかし、こんな巨大プリンでお祝いされたら、一生忘れられない思い出になりそうだ。

さらに“ここだけの話”だが、もっとでかいプリンがあるらしい。なんとその大きさ50リットル。これは大きすぎるため、車で持っていける範囲のみでの販売だが、ちょっとした裏メニューとして重宝されているそう。お値段はシークレット。気になる方は、ぜひぜひ注文してみて下さい。

恐るべし名古屋。ちなみに「さんま亭」さんのウェブサイトでは、12リットルだけじゃなく、9リットル、4.3リットル、2リットルなど様々なサイズが販売されていますので、夢を見たい方はぜひぜひ購入してみて下さい。やっぱり皿に移す瞬間が、一番の醍醐味だそうです。
(木南広明)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2006年9月9日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。