巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

買い物袋に変身するブラジャー!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

(写真上)こんな格好で買い物する女性がいれば嬉しい限りだが……。
(下)レッド、ブルー、グリーン、ピンク、イエローの5色で展開。非売品、特許出願中

ブラジャーが買い物袋に変身する。
何を言ってるのかよく分からないと思うが、そのままの意味だ。

「天使のブラ」や「恋するブラ」でおなじみの、トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社が、買い物袋としても使用できる特製ブラジャーを開発した。
買い物袋とブラジャー。
このぶっ飛んだコラボレーションには、もちろんちゃんと理由がある。

全国のスーパーやコンビニなどで配布されるレジ袋は、年間約300億枚。その原料は石油だし、捨てればゴミになり、燃やせばCO2を排出する。レジ袋の削減は、いまや環境保護における重要な課題のひとつなのだ。

そこで生まれたのが、この、トリンプ「NO!レジ袋ブラ」である。

パッドの代わりに折りたたんだエコバッグが収納されているので、これをカップの中から引き出して広げ、ファスナーで左右を繋げる。ホックを止め、肩ひもは取り外し、結んでリボンにすれば、あっという間に買い物袋の完成だ。
さらに、セットのショーツには、「NO!レジ袋」のメッセージカードが入ったウエストポーチが付いていて、小銭入れとして使える。
カラーは、レッド、ブルー、グリーン、ピンク、イエローの5色で、愛称は「ブラレンジャー」。

いや〜、実にシュールだ。
普段は下着として身に着け、いざ買い物するときには、おもむろにブラジャーを外して買い物袋に……って、そんなわけあるかい!

そもそも実用性は二の次で、このブラジャーを開発した真の目的は、レジ袋の削減について世間の関心を喚起することなのだ。トリンプは、過去にも「リサイクルPETブラ」(1997年)、「eco地球儀ブラ」(2004年)、「ウォームビズブラ」(2005年)など、地球環境への関心を高めるための特製ブラジャーを作っている。

とりあえず、写真のモデルさんを眺めつつ、レジ袋削減の大切さに思いを馳せてみよう。
ブラジャーを見て環境問題を考えるってのも、なかなか乙なもんじゃないか。
(山田真也)

2006年11月17日 00時00分

注目の商品