巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

話題のハバネロエール、いったいどれほど辛いのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハバネロエール」はデパートなどのほか工場での直接販売も行っている(473円税込)

「ハバネロエール」なるものが発売されたという。4月1日から全国発売が始まったばかりの「発泡酒」だ。販売しているのは個性豊かなビールや発泡酒を製造・販売している横浜ビール株式会社。

ハバネロといえば、世界一辛い唐辛子として有名。食べたときの刺激の強さはもちろんのこと、調理の際も手袋などを使って直接皮膚に触れないようにする必要があるほど。横浜ビール(株)の鈴木さんは、
「仕込み作業中に誤って触れてしまい、その手で顔の汗を拭いた際に、顔が腫れ上がってしまった」
というのだから、その刺激たるや相当のものだ。

ハバネロもビールも大好物な私。その辛さにかなり期待しつつ、早速飲んでみた。「あれ? 思ったより辛くないかも」と思ったのもつかの間、すぐに強烈な辛さが喉に込み上げてきた。さすが世界一辛いハバネロを使っているだけのことはある。だが、かなり辛いにもかかわらず、飲み進めていると意外とクセになる味だ。
「ただ辛いだけでなくジンジャー等も使用することで美味しく仕上げています」
と言うとおり、ジンジャーの味が強いのもポイントだろう。シャンディガフ(ビールにジンジャーエールを加えたカクテル)に似た旨さもある。

辛い料理とも抜群の相性を誇るため、飲食店でも好評を博しているという。日本地ビール協会主催の「2006インターナショナルビアコンペティション」で、スペシャルティビール部門で最優秀賞を受賞したほか、同主催の「ジャパン・ビア・フェスティバル in 横浜」のファン投票でも堂々2位に輝いている。そのため以前から瓶ビールの商品化の要望が相次いでおり、今回の発売に至ったのだとか。

ちなみにビールではなく発泡酒に分類されるのは、ハバネロを副原料として使っているため。日本の酒税法上、規定の原料以外を用いるとビールと表記できないのだ。またエールとは上面発酵酵母(エール酵母)によって発酵するビールのこと。

辛いもの好き、かつビール好きにはかなり嬉しいハバネロエール。どれだけ辛いかはぜひ自分の舌で確かめてみて!
(古屋江美子)

yokohamabeer.com

2007年4月27日 00時00分

注目の商品