巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

たとえば山手線に、“個人で”中吊り広告は出せるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人で中吊り広告は出せるのか否か? その答えは……

電車通勤する人にとって、中吊り広告は格好の情報源。旬な情報が凝縮された週刊誌の見出しから、話題のイベント情報まで、中吊り広告を見れば世の中の流れがわかる、と言っても過言ではないだろう(いや、過言かもしれない)。

まぁ、それだけ中吊り広告というのは、多くの人の目に触れる効果的な宣伝方法であるということなのだが、果たしてこの中吊り広告、個人で出すことは可能なのだろうか? たとえ個人でも多くの人に知ってもらいたいことはあるはず。ということで、電車に関する広告を扱う株式会社JR東日本企画さんにお話を聞いてみた。

以前、コネタで「ADトレインはハウマッチ?」という記事があったが、山手線を例にとると、そもそも中吊り広告を出すにはいくら必要なのか?

「山手線だけというのはなく、横須賀線、常磐線、総武快速線、つくばエクスプレス、そして山手線が加わった5路線でのセット販売になってます。お値段はシングルサイズで平日2日、210万円になっております」

シングルサイズというのは、中吊り広告の1スペースの半分のこと。11両編成の電車の場合、一両に1枚ずつ、すなわち11枚が張り出されるので、かなりの枚数の中吊り広告が世に出ることになる。まぁ、210万円が高いとみるか安いとみるかは企業次第だろう。

では、210万円を払えば個人でも中吊り広告は出せるのだろうか?

「やはり電車というのは公共性の高い空間なので、個人的な広告はお断りしております。あくまで鉄道を使うお客様を第一に考え、広告内容を審査させていただきます。ゆえに個人ではなくても、公共性の低い不適切な広告だと判断した場合は、お断りするケースもあるんです」

やはり公共性の高い電車の中、お金の問題じゃなかった。ちょっと残念な気もするが考えれば当然の結果。
ちなみに今までそのような問い合わせはなかったのか?

「今までそのような問い合わせはいただいておりません」

そうですよね……、すいません。愚問でした。
というわけで、山手線に個人で中吊り広告を出せるか? の結果は「出せない」。これから中吊り広告でも出そうかな〜、なんて思っていた方は申し訳ございませんが、諦めてください。ちなみに山手線以外でも、同様の理由で不可能ですのであしからず。
(木南広明)
関連キーワード

2007年6月13日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品