巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「無断駐車10万円」の看板、本当に払わされる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

マナーは守りましょう。

ときどき、こんな恐ろしい看板を見ること、ありませんか。
「私有地につき、無断駐車は罰金として10万円いただきます」
「犬のフンお断り。見つけた場合、罰金5万円」
私はこの手の看板を身近でちょくちょく見るのだけど、その都度、「犬のフンで5万円とか、無断駐車で10万円とか、まあ、単なる脅しだろうな」くらいに思ってきた。

でも、実はこういう看板って、法的拘束力があったりするのだろうか。
「私有地」に関しては、勝手にこういうとりきめができるもの?

弁護士をしている知人に聞いてみると……、
「確かに、自分の土地に対して、無断駐車や犬のフンで罰金を払えということ自体はできますね」
え!? 5万円とか10万円とかもアリなの!?
「いや、法的にどうしなきゃいけないということじゃなく、『看板見たでしょ?』と言われたら、額によっては払わないといけないことになると思います。ただし、それは額次第、常識の範囲かどうかでしょうね」
たとえば、看板にあるのが「5000円」とかで、その看板を見たうえで無断駐車したのなら、払う必要はあるということのよう。

でも、駐車代は「常識の範囲」がわかっても、犬のフンの常識的値段とかって、あるのだろうか。
「私は犬のフンが死ぬほど嫌いなの。視界に入っただけで血圧も心拍数も急激に上がるの!」とか言われたら、5万円もアリってこと?
「いや、それはケースバイケースですが(苦笑)。あくまで常識的には、犬のフンで5万円だの10万円だのは、ちょっとないですよね?」

基本的には、その土地の持ち主が罰金などを定めることができるとはいえ、あまりに法外な値段だったりする場合は、やはり弁護士に相談するなど、考えたほうがいいだろうということだった。

ただし、ひとつ言えるのは、「無断駐車10万円」「犬のフン5万円」などという看板を出す人は、すでに無断駐車や犬のフンに相当な憤りを感じている人である可能性が高いわけだから、ヘタにかかわらないのがいちばんということ。

そして何より、私有地への無断駐車も、犬のフン置き去りも当然NGです。
(田幸和歌子)
関連キーワード

2007年6月30日 00時00分

注目の商品