巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

いまの子が女性を「オバちゃん」と呼ばない理由

いつも「オバちゃん」が多い、巣鴨の商店街。ちなみに、私は小学生の姪・甥に「おば」と呼ばれてますが、小さな頃、彼らは私の本名を「おば・おばばん」だと思っていたことがあります。

小1のムスメがいて、しかも、34歳。自分がムスメと同じくらいの頃には、きっとみんな自分のことを「オバちゃん」と呼んだろう。
事実、りっぱなオバちゃんである。でも、いまどきの子は決して「オバちゃん」と言わない。

これは自分に限った話でなく、周囲の友人や、田舎の友達、姉などに聞いても、みんな「オバちゃん」とは呼ばれたことがないと言う。
個人的には、子どもの頃、自分の母親を「たこちゃんのオバちゃん」と呼ばれるのがイヤで、自分では友達のお母さんのことをあえて「○○ちゃんのお母さん」と呼ぶようにしていたが、それでも周囲の「○○ちゃんのオバちゃん」呼ばわりは変わらなかった。
それで、「○○ちゃんのオバちゃんっていうと、お母さんじゃなくて、その子の親せきのおばさんのこと指してるみたいだよね?」などと、ささやかな抵抗を示したものだが、結果的には、努力むなしく、「○○ちゃんちのおばちゃん」と、「ち」が入り、マイナーチェンジされただけ。
なるほど、これなら文法的にも間違いではないんだろうな、と、諦めの境地に至ったのを覚えている。

でも、いまの子たちは、天然に、こんなくだらない葛藤をしてるもんなんだろうか。
もしかしたら、地域によっては二人称としての「オバちゃん」呼ばわりが、まだ健在のところもあるかもしれないが、自分から「ほら、おばちゃんに貸してみ」とか言っても、「ありがとう、おばちゃん」とは返さないのが、いまの子たちのスタンダードのように思う。
これはなぜなのか。

子どもを持つ女性たちに聞いてみると……。
「いまの母親はみんな若いかっこうしてるからじゃない?」(20代女性)といった意見もあったが、大多数は、以下のような意見だった。
「失礼があるといけないから、自分の子には、何歳くらいに見えるかは関係なく、女の人のことは基本的にみんな『おねえさん』と言わせるようにしてる」(30代)
「自分が“オバちゃん”って呼ばれるのイヤでしょ? だから、自分のこどもに話すとき、自分より明らかにずっと年上でも、『ほら、あのおねえさんに聞いてみなさい』とか言うようにしてる」(30代女性)

「失礼がないように」「自分が言われたくない」など、理由はそれぞれだが、「オバちゃん呼ばわり」を母親の教育によって、封印してるってこと?
「なんてよくできた子たちなんだろう」という思いとともに、だとしたら、子どもがみんな「プチ・みのもんた」状態に!? という不安も出てくるけど……。

いまの母親世代の特徴なのだろうかと、ある幼児施設の先生に聞いてみると、
「いまの母親は、『ママ友』があったり、母親同士のつきあい、社会がけっこうあるから、お互いの名字でなく『○○ちゃん(くん)ママ』みたいな呼び方をすることが多いですよね? 子どもはそれをマネするからでは?」とのこと。

母親同士の関係が変わってきていることもあるのか。だが、ある小学校の教諭は言う。
「子どもたちは、女の人には年齢にかかわらず、『おねえさん』『○○ちゃんのママ(お母さん)』という呼び方をするのに、男の人に対しては、若い人に対してもけっこう平気で『おじさん』と言うこと、多いですね。これは、子どもの気遣いというより、女の人は化粧や服装、髪型でわからないけど、男性はスーツなど着てるとみんな『おじさん』に見えるということでは?」
確かに、うちのムスメも、私の女友達はみんな「おねえさん」だけど、私より明らかにずっと若い作業着の男性などを見ると「おじさん」と言う。

母親による教えや、母親同士の関係性、さらに「記号」的要素もあって、二人称としての「オバちゃん」はずいぶん減ってきているのかもしれません。
(田幸和歌子)
関連キーワード

2007年11月22日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品