巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

防犯標語「いかのおすし」はいかに生まれたか

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちなみに「まぐろのおすし」や「たこのおすし」といった標語はなさそうです。

「いかのおすし」って、知っていますか。

これは防犯の標語で、子どもを持つ人なら、知っている人もけっこういるかもしれない。念のために説明すると……。

●いか いかない(知らない人についていかない)
●の のらない(知らない人の車に乗らない)
●お おおきな声で呼ぶ
●す すぐ逃げる
●し しらせる(何かあったらすぐ知らせる)

近年、学校のセイフティー教室などで使われているようで、先日、小2の我が娘も、「今日、学校のセイフティー教室で『いかのおすし』やったんだよ。みんな『なんで、いかのおすしなんだよ!?』って大ウケだった(笑)」と話しながら、その内容をスラスラ説明してくれた。

実は少し前に放送されたTBSの深夜番組『松本見聞録』でも、杉並区にあるこのポスターが紹介され、番組自体は面白くはなかったものの、「なんで『いかのおすし』なんてことになっちゃったんでしょうねえ。いろんな大人を通って決まったはずですけど」などと、ごく普通のツッコミを松っちゃんがしていたけど……。

子どもたちが瞬時に覚えるインパクト大のこの標語、どうやって生まれたものなのか。警視庁の少年育成課に聞いた。
「『いかのおすし』は、平成16年に『深刻化する少年犯罪から子どもを守ろう』として、東京都で打ち出したものです。地域と学校と住民が一体となって取り組む一環で、セイフティー教室を同年(16年)から行っているんですが、そのなかで子どもたちに印象付けようと東京都教育庁と警視庁少年育成課で考えたのが、この標語なんですよ」
狙いは、「子どもたちに受け入れられやすい、覚えやすい、具体的な行動に取り入れやすいものにした」とのこと。

ところで、本来は東京都で生まれたものだが、今では全国的に広まっている。なぜ?
「本来は、標語とともにイラストも先生にお願いし、それらが一体となって著作権を持っているんですが、よその警察や様々な団体からも『使わせて欲しい』という声が多数あり、チラシやパンフレットなどに広く使われるようになったんですよ」

「漢字にしたり、カタカナにしない」というルールのもとに、きちんと使われる分には問題ないとしているそうだが、これを曲にしたCDなども出ているようで……。
「一部の人が無断で、営利目的で使っていると聞き、抗議したこともあります。お墨付きをいただきたいと言われたりもしましたが、当庁とは無関係です。ただ、営利目的で使用されたことはともかく、学校などでCDをかけているところもありますし、(標語を歌っていくことは)まあ悪いことではないので、傍観しています」

また、どうしても気になるのは、あまりにインパクトがあるだけに、反対者が出なかったのかということだ。
「当時の人はもういないので、誰が考案したかはわからないですが……。まあ、『どうなの?』とは当然思ったんでしょうけど、子どもたちにはスンナリ受け入れられてますよ」

パッと見では「ちょっとふざけすぎ?」とも思ってしまうが、子どもたちにとって覚えやすく、取り入れやすいのは、いちばん大切なこと。その甲斐あって、ちょっとずつ浸透してきてます。
(田幸和歌子)
関連キーワード

2008年5月5日 00時00分

注目の商品