巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

豚のことをいろいろ考える

ブヒ!

いまや夏の定番メニューとなっている「冷しゃぶ」。
そもそも「しゃぶしゃぶ」の鍋も自分たちが子どもの頃などは家になかったし、もちろん「冷しゃぶ」という食べ方も知らなかった。

いったいいつから定番になったのか。鹿児島県畜産協会に聞いてみると……。
「しゃぶしゃぶは当初は牛でしたが、美味しいけど高価で、庶民はなかなか食べられない高級食材だったことから、安く食べられないかということで、昭和50年頃に豚で食べるようになったといいます」
だが、これがすぐには普及せず、平成元年頃のグルメブームで、豚のしゃぶしゃぶがだいぶメジャーになってきたのだそうだ。
「冷しゃぶの発祥に関しては不明ですが、おそらく同時期ではないかと思います」

あたたかい鍋と違い、冷しゃぶの場合は、圧倒的に牛ではなく豚が定番である理由は、
「脂の量の関係などから、冷やした後のかたさが違うのでは?」
とのこと。
また、牛のほうが冷やしたときのニオイが気になるという声もあるよう。

ところで、近年、「ブランド豚」が増えているけど、もともと豚肉には「松阪牛」とか「米沢牛」みたいな産地によるブランドはなかった。これってなぜ? 社団法人日本養豚協会に聞いてみると……。
「もともと豚の場合、ランドレース、大ヨークシャー、デュロック、バークシャー、ハンプシャー、中ヨークシャーなどの純粋品種がありますが、肉として食べるのは、かけあわせて雑種にするのがほとんど。というのも、かけあわせることで、強健になること、それぞれの良い特徴を肉が持てるという理由があるんです」
一般に、お肉として食べているものは、ランドレースと大ヨークシャーの交雑種のメスにデュロックのオスをかけあわせてつくった豚がほとんどだとか。
関連キーワード

2008年7月24日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品