巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

なぜクロールは「自由形」から独立できないの?

今回のオリンピックでも、競泳で熱い戦いが……。

ついに開幕した、北京オリンピック。各競技が続々と始まり、日本人選手の活躍に期待がかかってる。

なかでも注目されてる競技のひとつが、レーザーレーサーの水着でも話題の競泳。北京オリンピック開幕までの日本人金メダリスト数でも、柔道、体操、レスリングに次ぐ4番目で、今回も期待は大きい。
ところで、競泳で行われている泳法は、クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライの4つ。ところがこの中で、クロールだけは独立した競技として行われていない。単独では「自由形」の競技内で泳ぐことになる。

どうしてクロールだけ、独立させてあげられないんだろうか。「クロール」って種目があったっていいじゃないか。日本水泳連盟に話を伺った。ところが……
「そのことを疑問に思ったことがないので、お答えするのは難しいです」
と担当者。国際水泳連盟で決められた種目だからっていうのが正直なところらしい。ただ考え方としては、
「クロールが現状では一番速い泳法なので、独立させる必要はないと思うんですが……」
とのこと。当たり前っていえば当たり前だけど、このあたりに本質がありそうだ。

歴史を調べたところ、オリンピックの競泳は、もともとすべての泳法で最速を決める自由形しかなかった。1896年に開催された、近代オリンピックの第1回アテネ大会から競泳はあって、そのときの種目は「男子100m自由形」「男子400m自由形」「男子1200m自由形」「男子水夫(水兵)100m自由形」の4つ。
関連キーワード

2008年8月11日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品