巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

女性用ふんどしブームの兆し!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気の「いちご柄」。キュートさでふんどしのイメージ一新。

( 1 / 2 )

一昔前、今は大女優となった若き日の宮沢りえが、自身のカレンダーでふんどし姿になり、世の中のを驚愕させてから20年弱……。再び、女性のふんどしが注目を浴びている。「パンドルショーツ」と名前を変えて、その姿かたちだけではなく使い心地からも見直されているのだ。

ふんどし、と聞けば、すぐに思い浮かぶのは、「赤ふん」。しかし、このパンドルショーツは、従来のイメージを覆し、バラエティ豊富に、かわいい・セクシーなどにこだわってデザインされていて、見ているだけでも楽しい。しかも見た目だけではなく、着心地のよさに加え、生理痛などの痛みを軽減してくれるフェライトファイバー(酸化鉄を主原料に作るセラミックの一種で電磁波から身体を保護したり、人体に有効な遠赤外線を抄出し、身体の波動[気]の流れを整える作用がある)を、最高級オーガニックコットンに練りこんでいたりと、女性の身体にも優しい天然・自然のエコショーツでもあり、敏感肌の方にも喜ばれているらしい。

正直、お色気アイテムかなとも思っていたが、意外にも自然派にも受けいれられそうなこのパンドルショーツ。開発にいたったきっかけ、ブーム前夜の盛り上がりを、早速、製造・販売元の(有)ミューのご担当者に伺ってみた。
誕生秘話については、
「以前男性用のふんどしがブームになった頃、『男性に良いものであれば、女性にも良いのではないか』と開発がスタートしました。ネーミングについては、『ふんどし』と言うとどうしても男っぽく古いイメージのため、フランス語を使った『パンドルショーツ』という名前にしたのです」とのこと。
関連キーワード

2008年9月18日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品