巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

九九の「7の段」でつまずく人が多い理由って?

このエントリーをはてなブックマークに追加

苦手だったのは、何の段でしたか?

「おばかタレントブーム」などで、テレビで大人が子どもの問題を解くような場面をよく目にする昨今。気になっていたのは、「なぜか九九の7の段を間違える人が多い」ということだ。

ある学習塾の先生も、九九を習う子に「7の段!」と、ピンポイントで指導するのを見たことがある。また、漫画などを見ても、『団地ともお』を筆頭に、「九九の7の段が言えない子」というのは、ときどき登場するけど……。

7の段って、覚えにくいのだろうか。だとしたら、なぜ?
私の予想は、
「7は、一ケタでは最も大きい素数であること」
「“しち”が言いづらいこと」など。

実際にはどうなのか。
『新しい算数研究』を発行する東洋館出版社の川田さんに聞くと、大学の先生などに聞いたうえで、まとめとして以下のような回答をくれた。
「確かに7の段は、苦手な子どもが多い、そうです。その理由としては、やはり7(しち)が言いにくいことがあります」
子どもは、通常「なな」と言うことが多いので、「しち」と言うのは、普段使っていない表現を使うため、言いにくく、なかなか数のイメージと結びつかないということが一つ。

また、想像通り、「7が素数であることも関係しているだろう」ということだった。
「7という数字は、元々イメージのしにくい数字です。2とか3とかは、すぐにイメージできるし、それが何個分というのもイメージとして出やすい。たとえば、おはじきが2個ずつ、4つのかたまりがある、つまり2×4ですね。
関連キーワード

2008年9月25日 10時00分

注目の商品