巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

トイレに流せるオムツ!? 「Gダイパー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

スターターキットにはカバー2つと流せるライナー10枚が付いて約2800円。ライナー160枚で約5500円

( 1 / 2 )

赤ちゃんが誕生したその日から、トイレトレーニングが成功する日まで必要とする(交換する)オムツの数は平均で5000枚に達するという。
アメリカ人の9割はこの使い捨て紙オムツを使用しているというが、昨年だけで米国内の地に約230億もの使用済み「オムツ」が埋め立てされ、堂々たるゴミ第3位に選ばれているのもこの紙オムツだった。
紙とは言うもののビニールが施してあるので、地に還るまで500年もの年月がかかる。

最近は特にエコ推進が盛んなこともあって、リサイクルやゴミをなくす努力をしている人が少なからず自分の周りにいるのも確かだが、日本のように布オムツ使用をする人には滅多に出会ったことがない。

そんななか「人間の汚物の行く先は埋め立て地ではなくトイレ」と言い切り、新しいオムツを開発してしまったオーストラリア人のジェイソンさんとキンバリーさん。
その名もグリーンのGからとったGオムツなるGダイパー。

汚れたオムツをトイレに流せちゃうのだ(と言っても正確にはオムツそのものを流すわけではないのだが)。
使い捨てではない専用のオムツカバーがあり、マジックテープとスナップが付いている。それにおしめとなるライナーをバリッ・プチッと付ければオムツが出来上がる。
女性が使うナプキンと似たような付け替えシステムだ。
汚れたらバリッとライナーを取り外し、コア部分を引っぱり先にトイレに落とすと、残りのライナー部分がスルリとパラパラした紙切れのようになるので流れもスムーズ。
関連キーワード

2008年9月25日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品