巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「まこもだけ」を知っていますか

ライター情報:田幸和歌子

低カロリーで栄養タップリの、まこもだけは、こんな見た目です。

ミネラルや食物繊維をたっぷり含み、低カロリーで、しかも、解熱、便秘、糖尿、高血圧、貧血、アトピーなど、様々な症状に対する効果が期待されている「まこもだけ」。
近年、健康食品として、じわじわと注目されてきているそうで、「名前だけなら聞いたことがある」という人もけっこういるのではないだろうか。

とはいえ、どんなものか知っている人、食べたことがある人は少ないかもしれない。
自分なども名前の響きから、キノコの一種だと思い込んでいたクチだが、実際には田んぼに栽培され、2メートル近くにもなるイネ科の大型の多年草である。

このほど、三重県の菰野(こもの)町でたまたま出合ったのが、「まこもだけの天ぷら」だったのだが、食感的には、タケノコにもちょっと似て、また、エリンギのようでもあり、余計に「キノコ?」と思ってしまった。

地元のとある業者によると、このまこもだけ、もともと古くから各地に自生していたもので、今は健康食品としての期待から、近年、栽培している地も増えているらしい。
菰野町でも、かつてはあたり一面に自生していたそうで、実は菰野町の地名もそこからきているという話だった。

でも、だったら「まこも町」になるのでは? と聞くと、こんな興味深い話があった。
「実は、最初は、コレを菰野の名産として『こものだけ』という名前で売っていたんです。ところが、もともと菰野町には、『こものだけ』という同じ名前のキノコがあり、どちらが本当の『こものだけ』かということで、トラブルに発展してしまった。そこで、キノコじゃないほうを普及しようとした際に『まこもだけ』という名前に変えたんですよ」
「菰野」でなく「まこも」の「ま」は、もしかして「真(真実の)」+「こものだけ」という意味だったりして……と気になるが、こうした事情はあまり自治体などでも公表されておらず、地元でも知られていないという。

さて、名前の由来などはさておき、実際に、道の駅で購入して、アレコレ調理して食べてみた。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。
月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2008年10月16日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品