巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

神保町の本屋さん、書泉のバッグの歴史

このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年秋の書泉バッグコレクション、ベルバッグ&フィンバッグ編。単色刷りも多色刷りもあるんですよ~。

( 1 / 3 )

株式会社 書泉は、東京の書店街、神保町界隈に3店舗、ビル型の書店を構えている老舗大型書店。創業は1948年10月だが、株式会社となったのはその2年後。ラノベ、格闘技、アイドル、鉄道など様々なジャンルのマニアックな品揃えも有名だが、購入した本を入れる洒落たデザインのしおりやブックカバーにビニールバッグなどで、本好きのハートをくすぐり続けて幾星霜の本屋さんなのだ。なんといっても、ここのビニールバッグ、しっかりした材質で、大量に買った本を入れても持ちやすく、リユース性も高い。2~3カ月サイクルで変わるそのデザインも高ポイント。

ところが、2008年9月頃に導入されたバッグは、濃い色がついているのに中身がちょっと透けるペラペラのビニール製。長方形型で、上部に楕円形の穴が持ち手としてついている、よくある本屋のバッグ(サイドシールバッグ)なのだ。でも、私以外のお客さんの中には、長方形の袋に2本把手がついたベルバッグと呼ばれるいつもの書泉のバッグを持っている人も。

急に、長年お世話になった使いやすいバッグからこのサイドシールバッグに至るまでの、書泉さんのバッグの歴史が気になってきた。それについて色々と教えて下さったのは、(株)書泉の鈴木保子さん。

「しおりやブックカバーのデザインで、当店ならではの個性を打ち出すのは、創業当時からやっております。しおりのコレクターの方々とは交流もあるのですが……バッグですか?」
書泉さんの歴史からすると、バッグのデザインに懲り始めた時期はさほど早くなかったご様子。
関連キーワード

2008年10月28日 10時00分

注目の商品