巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

国内盤CDの帯を保管していますか? 捨てていますか?

CDのこの部分を開ける(壊れないように注意)。

( 1 / 3 )

国内盤のCDについている帯。

大事に保管しているだろうか? はたまた捨ててしまうだろうか?

私はきちんと保管している。ご存知のように、国内盤CDは輸入盤CDと比べて値段が高い。私にとって帯は「その高いほうを買ったぜ!」という大事な“証”なのである。

しかし、「CDの帯は捨てている」という人は結構多く、先日も、“捨てている派”の友人と口論になった。「捨てるなんてとんでもない! あれはれっきとした国内盤の特典だ!」と説得しても、「ゴミとしか思えない」などと言う。

あの帯があるのとないのでは、きっと価値も変わってくるに違いない。「毎回捨てている」という友人に後悔させてやるという気持ちで、大手中古チェーン店BOOKOFFの広報担当に聞いてみた。「帯ついてたほうが価値ありますよね?」と。

すると
「当社としましては、帯の有無で買い取り価格を変えるようなことはしておりません。基本的に傷の有無などは価格に影響しますが、CDの帯があってもなくても値段は一緒です」

う……、そうなんだ……、価値ないんだ……。

では、あの帯はなんのためにあるのだろうか?

Sony Musicの広報担当者はこう語る。
「あの帯というのは、レコードにもついていておりまして、その頃からの流れでCDにもついているのかと思います。あの帯を国内盤のCDにつける理由としましては、CDのジャケットだけではわからない情報をお伝えするためです。例えば、ジャケットには曲名や曲数を表示していないものもあります。
関連キーワード

ライター情報: ドープたつま/studio woofoo

ブラックミュージックと、あごの鋭い女性(あと鷲鼻も)をこよなく愛すB-BOYライター。得意技は「開きなおり」。不得意なのは「開き直った後の行動」。

2008年11月11日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品