巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

フェチすぎる野球マンガ『ザワさん』に夢中

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

『高校球児 ザワさん』の単行本(コミックス1集)は、2009年4月末刊行予定。

(C) 三島衛里子『高校球児 ザワさん』/小学館ビッグコミックスピリッツ連載中

( 1 / 2 )

いま、『ビッグコミックスピリッツ』で連載中のマンガ『高校球児ザワさん』を知ってますか。

「都澤理紗はどこにでもいるような女子高生である。(中略)そんな彼女の『特別なこと』をひとつ挙げるとすれば、野球部唯一の女子部員であること」
そんなあらすじから想像するのは、「試合出場を認められない女子部員の苦労・努力」だったり、「実は女子であることを隠し……」といったマンガ的展開だったり。
ところが、読んでみると、これが全然違う。

毎回わずかなページ数の中で、セリフもごくわずか。それでいて、「意外と脇の処理が甘い」とか「練習後、無造作にタオルで顔を拭く&斜めがけカバンの胸の食い込み」とか「制服の下にアンダーシャツを着て、更衣室に行かずに着替える」とか、ディテールがこれでもかというほどリアルに描き込まれている。
そこには、自分が可愛いことにまだ気づいていない、「オンナ」になる前の、限りなく少年に近い女の子、「原石」が描かれているのだ。
熱い練習風景もなければ、手に汗握る試合展開も皆無。ただ淡々と「日常素描」があるだけ。
しかも、驚くことに、作者はまだ大学を卒業して数年という若き女性・三島衛里子さん!

なぜここまでフェチマンガを? 三島さんを直撃したところ、開口一番、語られた「きっかけ」は、意外なものだった。
「もともとのキャラクターはマンガを描き始めた頃からずっと頭の中で考えていたもの。投稿の頃は別の競技をやっている設定でしたが、私がたまたま野球にハマり始めて。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2008年11月17日 10時00分

注目の商品