巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

眼鏡フレームに書かれた謎の数字の意味とは?

ライター情報:イチカワ

このエントリーをはてなブックマークに追加

手元の眼鏡、書かれた表示を確認してみては?

眼鏡をかけてるとき、僕らは眼鏡そのものを見てるわけじゃない。眼鏡の向こうにある、人や物、景色なんかを見てる。だから、テンプル(アーム)の内側に書かれた謎の数字にも、なかなか気付かない。というか、気にしない。

『53□15-130』

例えばこんな数字が書かれてる。数字やアルファベットが羅列されてる方(こっちは品番やカラー番号)じゃない、なんだか意味ありげな数字の方。

気付くとちょっと気になるこの数字。一体どんな意味があるのか、眼鏡フレームの国内シェア96.4%(2006年)を誇る、福井県鯖江市の福井県眼鏡協会に話を伺った。

「この数字は、眼鏡のさまざまなサイズを表しているんですよ」
へぇ~、眼鏡業界の暗号みたいなもんじゃなく、単にサイズ表記だったんだ。そして区切られた3つの数字には、それぞれ以下の意味があるという。(長さはすべてミリメートル)

【例】53□15-130

・「53(1ブロック目)…玉型のサイズ、つまりレンズ部分の横幅
・「□」…「ボクシングシステムという国際規格でサイズ表示していますよ」というマーク
・「15」(2ブロック目)…鼻幅、つまり左右のレンズ部分の間の距離
・「130」(3ブロック目)…テンプルの長さ(まっすぐにした場合の長さ)

こういった、結構細かいサイズ表示。ってことは服を選ぶときみたいに、買うときの目安として書かれてるものなんだろか。
「一応の目安にはなるかもしれませんが……サイズが同じでも眼鏡によって形が違うので、かけてみないとわかりません。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2008年11月25日 10時00分

注目の商品