巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

私たちを苦しめる花粉、どこから来てるのですか

ライター情報:田幸和歌子

間もなく山が花粉に包まれ赤く染まる季節。花粉対策はお早めに(写真はイメージです)。

間もなくやってくる、辛い花粉シーズン。

花粉症治療で有名な医師を取材した際に、「ひどい人は、花粉で真っ赤になった山の映像や写真を見るだけでクシャミが出る」という話を聞いたが、ふと不思議に思うのは、身近なところで実際にスギの木をあまり目にしないこと。

そんなに近くにない気がするのに、いったいどこからきた花粉に苦しめられているの? 花粉ってどのくらいの距離を飛ぶものなの? 環境省の環境安全課に聞いてみると……。
「都心だと、スギの木は実際にそう見ないかもしれませんが、花粉濃度はかなり多いですよ。花粉はかなり飛ぶもので、具体的にどのくらいの距離かは、風の吹き方にもよりますし、一概に言えませんが、近隣の山などから一気にくるものと、いったん落ちて……などの両方があります」

実はこれ、時間帯によっても違うのだとか。
特に花粉が多いのは、11~14時と、17時以降という時間帯だそうだが……。
「昼は、周りの杉林から、気温が徐々に高くなって飛んできたものが、東京に到着する時間帯なんです。そのため、昼に多いのは、杉林などから一気に来た花粉です。一方、夕方に多いのは、一度落ちた花粉が再び飛んだり、上空に舞い上がっていた花粉が落ちてきたというパターンなんですよ」

ちなみに、近年、ヒノキの花粉量がかなり増えているそうだが、スギとヒノキで、花粉の性質にも大きな差があるという。
「ヒノキは雨に弱く、濡れるとあまり飛ばない性質があります。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年1月19日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品