巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

インフルエンザ予防接種後の正しい行動って?

ライター情報:イチカワ

このエントリーをはてなブックマークに追加

予防接種だけでなく、うがいや手洗いも欠かさずやりましょう。

今年もインフルエンザが流行中の日本列島。
ここ数年、死亡例や新型インフルエンザの報道などから、予防接種を受ける人が増えているという。中には数十年ぶりに受けた、なんて人もいるはず。
そんなとき、医師や看護師から言われるこんな言葉に、戸惑った人もいるんじゃないだろうか。

「今日、入浴して大丈夫ですよ」
「注射した箇所は揉まないでください(軽く揉んでください)」

昔は「注射した日はお風呂に入っちゃいけない」って言われてたし「注射したとこはよく揉んでください」って言われてた気がする。どうして変わったんだろうか。

まず入浴がOKになった理由を、国立感染症研究所に伺った。
「入浴してはいけなかったころの理由として、昔の日本の家屋に風呂がなく、共同浴場に行っていたことが挙げられます。衛生上の問題で、接種部位から細菌が入ることを心配されていたようです。その名残で、その後も入浴を控えるよう言われていたのですが、しばらく前からその心配がないと判断され、入浴しても良いとなりました」
『インフルエンザ予防接種ガイドライン2008年度版』(発行:予防接種リサーチセンター)にも“インフルエンザワクチン接種後1時間を経過すれば、入浴は差し支えないと考えられる”って書いてある。もちろん、注射した部分をこすらないことが条件だ。

次に、注射した箇所は揉まないか、軽く揉む程度って言われるようになった理由を別の方に伺った。
「強く揉むと皮下出血の危険があること、また破れた血管からワクチンが急速に拡がって、腫れやしこり、さらにはアナフィラキシー(全身のアレルギー反応)の起こる可能性が考えられるようになったためです。

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年1月23日 10時00分

注目の商品