巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

花巻名物「十段ソフト」を食べてきた

ライター情報:R&S

このエントリーをはてなブックマークに追加

これがウワサの十段ソフト。

( 1 / 2 )

地方に出かけると、面白い食べ物に出会うことがある。
宮沢賢治の生誕地として名の知れる岩手県花巻市。市内の「マルカンデパート」に、なんと十段重ねのソフトクリームがあるという。ということで行ってみた。

6階の展望大食堂で食券を買い、テーブルに座ってソフトクリームが届くのを待つ。10分ほどしてやってきたそれは確かに十段重ね。“ポニーテール”も付いている。スプーンで食べたら崩れてしまいそうだ……が、ここでは“割り箸”で食べるのがお約束。何となく変な気分ではあるが、これなら確かに崩れない。味の方はバッチリ。普通のソフトクリームだ。筆者が訪れたのはある冬の寒い日。他にソフトを頼む人なんていないだろう、と思いきや、いやいや、あちこちで食べている。人気商品のようだ。

お店の方に、十段ソフト誕生の歴史を聞いてみた。
「昭和48年に現在の大食堂ができたのですが、集客のため、ラーメン、カレーなどの量を多くしました。こちらの言葉で『盛りをよくする』と言います。ソフトクリームも最初は小さかったのですが、7段、8段とエスカレートして、現在の10~11段になりました。食べにくいのでこれが限度で、今に至っています」
作る方も結構大変らしく、ベテランでないと8段目あたりで曲がってしまうらしい。

もうひとつ驚くのはそのお値段。メニューには、約3分の1の大きさの「ミニソフト」(普通サイズのソフト)もあり、こちらが100円。となると、十段ソフトは……140円なのである。

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2009年2月5日 10時00分

注目の商品