巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

殴って蹴って物をぶつけて、気持ちを明るくする神社

このエントリーをはてなブックマークに追加

手前にある神木を殴ったり、蹴ったり、物をぶつけたり……。

( 1 / 2 )

どうも、人から「悩みがなさそう」と言われることが多いのだが、アタマにくるよ! 悩みのない人間なんていないだろうに。「悩みがなさそう」と言われるのが私の悩みです。

ところで、“悩み、嫉み、愚痴”などのストレスを全てひっくるめて「貧乏神」と呼び、そんな貧乏神をやっつけよう! と参拝する神社が存在するのをご存知だろうか。それは、徳島にある「幸福神社」のこと。

この幸福神社は、普段は行政書士として働いている石橋吉治さんが立ち上げた神社。立ち上げのキッカケには、行政書士ならではの理由がある。その辺りを石橋さんにお伺いした。
「行政書士という仕事柄、相談事や人生相談を受けることが多いんです。ただ、ビジネスだとお金をもらわなければいけない。仕事として人生相談を受けるのではなく、中高生やお年寄りの相談に簡単に乗ってあげる場をこしらえたいと思い、幸福神社をつくりました」

この幸福神社、以前はもっと田舎の方にあったとのことだが、友人から「場所を使ってくれ」との申し出があり、現在の場所(徳島県神山町)に2006年11月に移転。神社の本殿、鳥居などは手作りで石橋さんがつくったものである。

石橋さんいわく、「こんなに話題になるとは思わなかった」とのことだが、話題になるには理由がある。それは参拝方法がちょっと変わっているのだ。
幸福神社では、悩み・ストレスの種を“貧乏神”と呼び、神社の中には石橋さん手彫りの貧乏神が。参拝客は、その前の神木をバットで殴って、思いっきり蹴って、自分の内にある貧乏神をやっつけるのだ。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2009年2月11日 00時00分

注目の商品