巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「本人確認書類」、パスポートだけじゃダメなの?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

パスポートだけでは本人確認が不十分とされる場面も、ときどきあります。

銀行や、ゆうちょ銀行の窓口での取引で、近年は「本人確認」が必要なケースが増えている。

この「本人確認書類」には、なんとなくまず第一が「運転免許証かパスポート」で、写真のついていない保険証などの場合は他のものが必要……という認識をしていた。

でも、これ、どうもちょっと違うらしい。

というのも、ちょっと私用で大口の取引が必要になり、パスポートを持参したところ、「運転免許証はお持ちでないでしょうか」と聞かれたのである。

自分の場合、運転免許証は一応持っているが、ペーパードライバーであるだけに、普段持ち歩くことがない。一方、パスポートは近年更新していて、写真も新しいし、なんとなく「日本以外でも通用する」といった思いから第一にしていたのだが、「銀行の場合では(大口取引の場合)どこもまず『運転免許証』がいちばんで、それ以外は『本人確認』のため、別の担当者から少々質問をさせていただくことになります」と言われた。

具体的に聞かれた「本人確認の質問」は、「ペットの名前」や「母親の旧姓」などではなく、「今日、家からここまでどういうルートできたか」「今の部屋に何年住んでいるか」「何年ぐらいこの仕事をしているか」「子どもの学年は?」などなど。

それにしても、なぜパスポートじゃダメなの? 担当者に聞いてみると……。
「運転免許証は国で発行しているものですから。あ、でも、パスポートもそうですね? でも、これは当行だけでなく、どの銀行も同じなんですよ」
ずいぶん曖昧である。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年2月12日 10時00分

注目の商品