巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

子どもの視力はいま「1.0」が最高ってホント?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

「視力1.5」の子が、存在しないわけではありません。

小学校の眼科健診で、子どもが「視力1.0」という結果を持って帰ってきた。
友達には1.0未満の視力の子も多いという。

自分の場合、いまでこそメガネ族だが、子どもの頃は2.0や1.5で、周りの友人もほとんど1.2以上だっただけに、「いまの子どもはみんな目が悪くなっているのだな」と思っていたところ、「最高で1.0までしかいない」と言うではないか。

これ、本当なのだろうか。だとしたら、なぜ?
小学校教諭、中学校教諭をする友人たちに聞いてみたところ、
「ああ、それは本当。1.0が最高だから」
と口々に言われた。その理由は……。
「視力検査はいま、A、B、Cの段階別になっていて、1.5や2.0という数値はないんです。なんでって? 眼科の先生が健診するケースもあるけど、教員がやることも多いから、授業を受けるうえで問題あるかどうかを単にABCで分けるほうがラクだからだと思いますよ」
特に新入学時などは、眼科検診の答え方がわからない子もいるため、動物のマークなどを見せる方法をとったり、また、低学年では「Cのマークがどこを向いているか」と聞いているにもかかわらず、「あいている場所を指さすだけの子」がいたりと、混乱をきわめるのだという。

それにしても、「ラクだから」ということで、基準が変わったということ? 文部科学省・学校保健安全担当者に聞いたところ……。
「視力検査は、学校保健法の健康のなかに『視力の検査』という項目が、施行規則で定められているだけで、基準などはないんです」
「視力検査」をすることは定められているが、その方法や基準などにはきまりがないということらしい。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年2月23日 10時00分

注目の商品