巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

大人になると、乗り物酔いしなくなる理由って?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

たとえばこんな乗り物だと、乗り物酔いしますか。

春休みや高速料金の割引などで、遠方に出かけた人も多いことだろう。

ところで、「子どものころは乗り物酔いがひどかったのに、大人になってからほとんど酔わなくなった」という人の話をよく聞く。その一方で、「昔は絶叫マシンが好きだったのに、いつの間にか弱くなった」なんて人もけっこういる。

実は自分自身も、子供の頃は乗り物酔いがかなりひどかったのに、今では平気だし、逆に「絶叫マシン」は大人になってからのほうが恐ろしく感じるけど……。これってなぜ?
『知って得! 正しい医学知識』(盛隆出版)の著者で、医療法人社団池谷医院の池谷敏郎院長に聞いた。

「これはやはり“経験の量”の違いでしょう。大人になると、乗り物には鍛えられて、自分がどうすると酔いやすいのかのパターンなどがわかるようになり、それを避けることなどで、経験的に酔わなくなります。でも、子供の頃と違って、ブランコでは酔うこともあったりしますよね? これは普段乗らなくなっているからです」
確かに、「昔は平気だったのに、今は公園のブランコ程度でも気分が悪くなる……」なんて話をする母たちもいる。

となると、絶叫マシンも、単に子どもの頃より乗らなくなるから、弱くなるということ?
「やはり『慣れ』の問題は大きいと思います。また、楽しんで夢中になっていると、“酔い”を忘れて、症状が出ないこともあると思います」
これは絶叫マシンとの向き合い方の違い――子供の「はしゃいでいる精神状態」と、大人の「嫌々つきあっている精神状態」の違いによるものでは? という指摘だ。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年4月4日 00時00分

注目の商品