巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

意外に忘れがちな紫外線対策とは?

ライター情報:古屋江美子

このエントリーをはてなブックマークに追加

サングラス率が高いヨーロッパ

外で過ごすのが気持ちのよい季節になった。この時期、紫外線対策を意識し始める人も多いはず。

ところで紫外線によるダメージと聞いて、何を思い浮かべるだろうか? おそらく、しみ・そばかす・日焼けなど、皮膚に関するものを挙げる人が多いと思う。しかし、紫外線でダメージを受けるのは皮膚だけにあらず。実は「眼」へのダメージも深刻なのだ。

紫外線のダメージは眼に蓄積され、将来の眼病につながる可能性がある。だが、そのことはあまり知られていない。先日、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が行ったセミナーで、金沢医科大学の佐々木洋教授がおもしろい研究結果を発表した。

北大西洋に浮かぶアイスランドは、夏でも太陽が低い。そのため、直射日光による紫外線はかなりの量になる。にもかかわらず、
「紫外線が影響と思われる眼の病気を患っている人は世界的に見るとかなり少ない」
というのだ。これはなぜか?

まず太陽の高さが低いと、まぶしさを感じやすい。そのため、アイスランドでは必然的にサングラスなどで、まぶしさ対策をする人が多い。これが1つめの理由。まあ、これはわかりやすい。

だが、理由はほかにもあった。アイスランドに比べて太陽がかなり高いところにある沖縄では、太陽を背にしていても、時間帯によっては正面にいるときと同じレベルの紫外線を浴びているのだという。逆に太陽が低いアイスランドでは、太陽を正面にしたときは沖縄以上の紫外線を浴びるものの、太陽を背にしたときの紫外線量は4分の1程度にまでガクンと減る。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2009年4月7日 10時00分

注目の商品