巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

なぜ電報は字数が増えると料金が上がる?

ライター情報:イチカワ

このエントリーをはてなブックマークに追加

字数の計算は、電報利用の際の重要項目です。

最近はインターネットでも申し込めて、便利になっている電報。この前もネットを使って、弔電を花の台紙で送った。

ただ、使っていて腑に落ちないことがひとつ。それは料金設定。
NTTでは、文字数が増えるごとに料金が上がってくシステムになっている。具体的には、慶弔電報だと25字まで693円で、5字増えるたびに94.5円が上乗せされてく仕組み(台紙代は別料金)。だから送った81字の弔電は、文字代だけで1827円かかった。何文字でも、コストは変わらない気がするんだけど……。

最近は字数に関係なく定額の業者が増えている中、どうしてNTTでは字数に応じて料金が上がるんだろう。NTT東日本に話を伺った。

「昔からの従量課金を踏襲しているため、字数によって料金が上がっていく仕組みになっています」
どうやら、昔の仕組みを変えていないだけらしい。今、この料金システムをとっていることに、大きな理由はないのかもしれない。

日本で公衆電報事業が始まったのは、明治2年。東京−横浜間の32キロメートルに593本の電柱が立てられ、通信が行われた。
当初使われていたのは、針が電磁石の力で動いて、円盤に並んだ文字を指す「ブレゲー指字機」っていう電信機。送信側が電流を送ると、受信側にある機械の針が、指定した文字を指す仕組みだった。このとき大変だったのが受信側で、1人が文字を読み取って、もう1人が毛筆で書き取る作業を、1字ずつやっていた。だから、1分間に4~5文字しか送ることができなかった。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年4月10日 10時00分

注目の商品