巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

小学1年生がアサガオを育てるのはなぜ?

ライター情報:イチカワ

今年もまた、1年生はアサガオを育てます。

小学校では、今も昔もアサガオを育てる。
世の中に花はたくさんあるのに、どういうわけか1年生で育てるアサガオ。昔は理科、今は生活科(1991年度までの理科・社会科)で、アサガオを育てる学校が多いという。

一体どうしてアサガオなんだろう? 現役の小学校の先生に話を伺った。
「アサガオは、初めて植物を育てる子どもでも育てやすく、毎日水さえあげれば大きくなっていく植物なんですね。また、学校へ着いた朝にちょうど咲いているので、登校するときの楽しみにもなるんです」

さらにアサガオには、教材として適している理由があるという。
「アサガオは、小さな種から芽が出て、葉っぱが広がり、ツルが伸びて花が咲きます。そんな植物の基本となる育ち方の過程で、子どもたちは葉っぱや花の大きさに驚き、まっすぐ伸びないツルを支柱で支えてあげなければならないことなどを学びます。また、咲いた花は色水にできて、育てた最後には種もでき、その種を次の1年生にプレゼントできるんですね。つまり、成長とともに驚きがあり、ときに対応するため考える必要がある植物として、アサガオは適しているんです」

このことを、文部科学省の学習指導要領では“気付き”と表現している。文部科学省の方によると、
「生活科では、児童たちが植物を育てていく中で、植物の成長と自分の成長を照らし合わせるように授業をしています。アサガオ以外の植物でもいいのですが、アサガオは毎日休まずに世話を続けていると、多くの気付きがあり、自分の成長にも自然と気付ける植物のひとつなんです」

ちなみに学校では、他にも定番の植物がある。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年4月18日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品