巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1.5リットルペットボトルの自販機を最近見かけない

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

この自販機自体が、いまではけっこう貴重な存在のようです。

先日、渋谷区内を自転車で走っているとき、小3の娘に「あ! 見て!」と声をかけられた。

指さす先にあったのは、コカコーラ社の自動販売機。中には、1.5リットルのファミリーサイズのペットボトルが、自販機に中にでん、と並んでいる。

「大きいペットボトルを売ってる自販機なんて、初めて見た!」
と、ものめずらしそうに言う。
「そうだっけ?」などと返しながら、1本買おうと小銭を投入、ボタンを押すと……「搬出中」という事務的なボタンが点灯し、そのままじーっと待たされることしばらく。あまりに時間がかかるので、お金の返却ボタンを押した頃、ちょうど「ごっとっ」と重い音を立てて、大きなペットボトルが現れた。

ここで思い出されたのが、遠い日の記憶である。
かつては、こういった大きなボトル、自販機にあったような気が……。もしかしてリバイバル? それとも地域差?

日本コカ・コーラ社に聞くと、
「自動販売機の配置は、各地域の販売会社がオペレーションしているため、地域差や割合など、こちらでは把握しておりません」
とのこと。
ただし、1.5リットルのペットボトルの扱いについては、
「もうないんじゃないですか?」

確かに、昔は存在していたそうだが、どんどんなくなった理由について、こんな説明があった。
「当社では自販機を1つのお店と考え、お客様のニーズに合ったパッケージをご提供させていただいております。そんななか、現在はお店自体が多様化し、24時間やっているお店にはコンビニや、スーパーなどの流通系がありますよね? では、現在、お客様が自販機に何を求めているかというと、『即時商品』なんです」

1.5リットル、2リットルのペットボトルは、自宅用・家族用が中心。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年4月24日 10時00分

注目の商品