巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

黒コショウはいつから“どメジャー”になったのか

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

白いタンメンにも、黒コショウ。

( 1 / 2 )

昔はコショウといえば、「白コショウ」あるいは白黒混ざった「ブレンド」が当たり前だった気がする。

その一方で、黒コショウを初めて意識したときは、その香りの良さに驚き、背伸び感も手伝って「やっぱり黒コショウが辛くて美味いよねー」などと言ったもの。
ところが、今はどこの家庭にも「黒コショウ」がフツウにあり、ラーメン屋などでも「黒コショウ」を置いている店を多く見るようになった。

いったいいつからコショウといえば「黒コショウ」が一般的になったのだろうか。エスビー食品に聞いた。
「1987年から2005年のデータの推移では、スパイス全体が倍くらいの売上となっています。なかでも、黒コショウの伸びは大きく、91年から97年では1.4倍、97年から08年ではさらに1.5倍と、順調に売り上げを伸ばしています」

一方で、白コショウはほぼ横ばいだという。
「さらに、市場でみると、最近のスパイス全体の中でブラックペッパーは25%となっているのに対し、ホワイトペッパーは2.5%ということになっているんですよ」
なんと白コショウの10倍もの売り上げで、全スパイスの4分の1を占めるのが黒コショウということだ。

なぜなのか。
「実は黒コショウのほうが白コショウより売れていること自体は、洋食文化とともに、かなり前からの傾向としてありました。香りや辛味が好まれ、外食産業で取り入れられた影響から、徐々に『家庭のもの』になっていったのだと思います」

ちなみに、白コショウも、黒コショウも、もとは同じもの。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年4月27日 10時00分

注目の商品