巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

コンビニは、高級アイスを特別扱いしてませんか?

ライター情報:イチカワ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「アイスのおうち」、それぞれ合ってるところなんです。

コンビニやスーパーのアイスは、値段によって扱いが違う気がしてならない。

200円も300円もする高級アイスは、背の高い扉のケースで、いかにも高級そうに扱われてることが多い。一方100円前後の安いアイスは、腰の高さくらいのケースに、いかにも手軽に買えますって感じで積み上げられてることが多い。

扉のケースは、選ばれしアイスだけが入れるVIPなイメージ。きっとpinoだって、モナ王だって、もしかしたらガリガリ君だって、ハーゲンダッツさんのように扉のケースに入りたい。なのに、いつも大部屋みたいなケースで、押し合いへし合いみんなと同居……。

やっぱ2種類のショーケースは、値段によって分けられてるんだろうか。大手コンビニチェーンに話を伺った。
「そうですね、値段が高いアイスと、100円前後のアイスで分けて置いていることが多いです」
やっぱりそうですか……。それで高級アイスを、より保存環境のいいケースに入れているという?
「いえ、両方とも設定温度は一緒ですので、価格が高いアイスを特別扱いしているわけではありません。むしろ扉のケースの方が、温度は変化しやすいですよ。扉を開けたとき冷気が逃げやすいですから」

えっ? 安いアイスの方がいい環境に置かれてるってこと?
業務用の冷凍ショーケースを製造しているメーカーに、詳しい話を伺った。
「冷気は下の方に溜まる性質があるので、上部分を開ける平置きタイプの方が、冷気が逃げにくい構造になっています。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年5月4日 00時00分

注目の商品