巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ドリンクバーで出てくる、あの「透明の液体」って何?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

これは、「エンターテインメント」だったのです。

ファミレスやカラオケ屋などのドリンクバーで、以前から気になってたのは、ジュースと一緒に出てくる「透明の液体」だ。

たとえば、オレンジジュースのボタンを押すと、オレンジ色の液体ともうひとつ、明らかに「透明の液体」が同量くらいの勢いで注ぎ込む。
「ケチって薄めてる?」と思い、飲んでみると、別に薄めた味というわけでもない。

そんなことを思っていたところ、発売されたばかりの人気コミック『聖☆おにいさん』のなかでも、ブッダが同じ疑問に頭を悩ませていた。

いったいどういうしくみで、中はどんな風になってるの? 「ソフトドリンク用注出機材」の輸入代行を行うイースト・アジアチック・カンパニー・ジャパン(EACジャパン)に聞いてみた。

「機械は、アメリカ、イギリス、イタリア、ドイツなど、各国から仕入れています。もともとこのシステムが生まれたのは、諸説ありますが、アメリカかイタリアと言われており、お店のコンセプトとして、ソフトドリンクは日本のように厨房という隠れた場所で供するのではなく、むこう(アメリカやイタリア)では“エンターテインメント”として、お店の人が出す場合も、エンドユーザーが出す場合も、出てくる様子を見て楽しめるように考えられたと聞いていますよ」
もともとは「セルフサービス」「簡略化」目的ではなく、「エンターテインメント」だったのか。
ドリンクを勝手にミックスして、悪ふざけのような「オリジナルドリンク」を作る人もいるが、「エンターテインメント」としては案外正しかったのね……。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年5月13日 10時00分

注目の商品