巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

韓国人カップルの「つきあって100日」を巡る考察

ライター情報:清水2000

このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯電話の機能を使えば、100日目の計算も比較的簡単だ。

バレンタインデーを始めとし、毎月14日ごとラブにまつわるデーが用意されるなど、恋人同士のイベントが何かと多いのが韓国である。
付き合い始めた日を記念日とし、毎年その日にお祝いをするカップルは日本でも少なくないだろうが、こちら韓国では「つきあって100日」という記念日もあり、「つきあって1年」の記念日同様、広く認知されているようだ。
100日という概念にあまり慣れない日本人の私としては、「数えるのが難しくない?」「ちょっと面倒くさくない?」と余計な詮索をしてしまうが、その辺のところを周囲にいる20~30代の韓国人に質問してみた。

私が聞き歩いた印象としては、つきあって100日を祝うことに対する肯定派・否定派の勢力は、ほぼ互角といったところだ。
肯定派の意見は、「ぜったいお祝いするべき」(Uさん・26歳女性)、「なんだかんだ言ってプレゼント交換だけはした」(J君・33歳男性)、「1年目の方が重要だけど、つきあって最初のお祝いだから嬉しいよね」(I君・27歳男性)、「お祝いしたかったのに、彼女が積極的じゃなくて悲しかった」(J君・27歳男性)といったもの。
一方、「しない、数えるのが面倒だから」(G君・28歳男性)、「出費が負担」(Sさん・29歳女性)、「日本人女性と付き合ったら、100日祝いがなくて助かった」(Sさん・32歳男性)、「みんな、友達への対抗心で100日をするんじゃない?」(Hさん・32歳女性)といった否定派の意見も多数聞くことができ、100日を祝う・祝わないはカップルによりけりなのだということがよくわかる。
関連キーワード

ライター情報: 清水2000

ソウルを拠点に活動するトラベルライター。翻訳も少々。路上のコネタ、珍スポ、音楽と映画を求め、弘大のライブハウスから朝鮮半島の辺境、世界のコリアタウンまで徘徊中。

2009年5月16日 00時00分

注目の商品