巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

容器包装プラスチックの汚れはどの程度まで落として出せばいい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

プラマークがついているものはできる限り資源ごみとして出しましょう。

今や多くの自治体で実施している容器包装プラスチックのリサイクル。その資源ごみを出す時にいつも悩むことが。区役所のお知らせを見ると、「汚れをよく落として出す」と書いてあるのだが、具体的にどの程度まで落とせばいいのだろう? 特に食品系の容器の場合、油などでベトベトになっていると洗うのが面倒くさくて……。

日本容器包装リサイクル協会に聞いてみると……。
「当協会では、自治体の方へ“水でさっと洗う、簡単にふき取る程度で落ちるものをお出しいただく”ようにご指導くださいとお願いしています。逆に、水でさっと洗う、簡単にふき取る程度で落ちないものは、資源ごみとして出さないようにお願いしています」

水でさっと洗ったぐらいで落ちないものは出しちゃダメ。中途半端に汚れを残したまま出すのなら、燃えるごみに出した方がいいということのようだ。でも、汚れたまま出してしまうことも結構あるはず。この場合はどうなるの?

「自治体の処理施設では、人の手によって選別されていますが、その際に原則として汚れているものは取り除くことになっています」

自治体により集められた容器包装プラスチックは、再商品化事業者によって、選別、破砕、洗浄、比重分離、乾燥等の工程を経て再商品化される。汚れのひどいものがあると、選別の段階で取り除かれる場合もあるが、キレイにするための処理コストがかかるということだ。

ということは、出す側の私たちが食器用洗剤などできっちり汚れを落としておけば、取り除かれることもなく、より多くの容器包装プラスチックがリサイクルされるというわけ。
関連キーワード

ライター情報: S.I/C-side

制作会社にて編集・ライティングを担当。カピバラを飼うのが夢。好物=南の島、競馬、絶滅危惧種

2009年5月27日 10時00分

注目の商品