巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「ひきこもり支援相談士」ってどんな資格?

合格するとこんな認定証がもらえる。

大きな社会問題にもなっているひきこもり。最近、「ひきこもり支援相談士」という資格ができたというので、さっそくどんな資格なのか主催団体に聞いてみました。

主催する「ひきこもり支援相談認定協会」は、自分の子供がひきこもっている親が集まってできた団体。全国で46支部あり約1万人が所属しているそう。
「すでに日本では、ひきこもりが160万人を超えていて、社会全体で取り組む問題になってきています」と広報担当者さん。

ひきこもりとは、学校や仕事に行けずに家にいる時間が長くなっている状態などのこと。厚生労働省では、「自宅にひきこもって社会参加していない状態」にある人の中で、病院で特定の病気を診断されている人を除外し、ひきこもり期間が6カ月以上である人のことを、「社会的ひきこもり」とガイドラインを決めました。さらに4月1日から各都道府県に「ひきこもり地域支援センター(仮称)」を設置。
協会ではこの機会にひきこもりを社会全体でどうにかしなくてはいけないと、この教育制度を作ったのです。資格を取ると、全国に100カ所あまりある「ひきこもり地域支援センター(仮称)」で、ひきこもりしている本人や家族との相談や支援する仕事を行えるのだとか。

資格を取るためには、「まずは、送られてくる教材のDVDをしっかり見て、テストケースを検証。ひきこもり問題に詳しい大学の先生方が作成した問題に答えて、答案を提出してください。その後に、認定協議会で審査し、認定されればぶじ合格となります」
気になる問題内容には、ひきこもりがなりやすい病名や、おちいりやすい事例、こんな場合にはどう対処したらいいでしょうか? といった実例に即したケースばかり。

現在の合格者は4月1日からはじまったばかりなので、まだ1人だけ。受講している約1000人のうち多くは家族や周囲の人、もしくは教え子がひきこもった学校の先生が大半で、残りはひきこもり問題をなんとかしたいという問題意識を持つ人たち。
関連キーワード

ライター情報: カシハラ@姐御

広告会社などを経て、フリーランスライター。
得意技は、飲酒とビアガーデン制覇。東京ビアガーデン制覇クラブ主宰。
新しいものと流行りそうなものを見つけるのが生きがい。
「メルマガ・週刊カシハラ」で気になるものを配信中。
好物=飲酒、噂、イケメン、ビール、古い建物、昭和、ハヤリもの

2009年6月3日 10時00分

注目の商品