巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

撮影者が消える『忍者レフ』って?

ライター情報:羽石竜示

白と黒の面を持つ不思議なレフ板『忍者レフ』(発売元・よしみカメラ)。価格4800円。

( 1 / 3 )

『忍者レフ』というレフ板を見つけた。説明書によると、ガラスに映った撮影者が消えるとか。おもしろそうなので、試してみた。

レフ板は被写体に光を当てる道具だが、『忍者レフ』(発売元・よしみカメラ)はそれだけではない。片面はふつうのレフ板のように白だが、もう一方の面は黒になっている。白や銀など光を反射する色でないとレフ板にならない。だが、反射しない黒の面を持っているのがこの製品のミソなのである。

さて、どういうケースに反射しないレフ板が役に立つのか。撮影のため、都庁の展望台に行った。午後7時を過ぎるとだいぶ外は暗くなる。この状況で夜景を撮ろうとすると、窓ガラスに展望台内の照明が当たり、結果的に撮影者のシルエットが映った写真になってしまう。
そこで『忍者レフ』の出番だ。一眼レフカメラのレンズを同製品の中央の穴に挿入する。すると、直径50センチのレフ板が室内の照明を遮る。さらに、黒レフなので、撮影者が反射して窓ガラスに映ることがないわけだ。まるで忍者が闇夜に同化して姿を隠すようである。

撮影した写真を見ると、『忍者レフ』を使った場合はキレイに夜景のみが写っていた。その他、電車の窓ガラスからの撮影にも同様な効果が期待できそうだ。
また、前段で説明したようにもう片面は白レフなので、被写体に光を当てる本来のレフ板の役割も果たす。レンズに装着できるので、ひとりでポートレートや花を撮影するとき、光を反射させるのに便利だ。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2009年6月7日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品