巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

カレー味のカール、なぜなくなっちゃったの?

ライター情報:田幸和歌子

「スナック菓子芸人」のみなさん! もしかしたらカレー味、帰ってくるかもしれませんよ!

先日放送された『アメトーーク』~スナック菓子芸人の回でも話題になった、「カレー味のカール」。

現在は発売休止中であることを惜しむ声は多く、同番組でも「人気ないわけないじゃないですか! カレー味ですよ!?」と芸人が語気を荒げていたが、いったいなぜなくなってしまったのだろうか。

思えば、中華まんにおいても、あんまん・肉まんに続き、「定番」だったはずのカレーまんが、近年はコンビニであまり見られなくなった。かわりに、「キーマカレーまん」など、やや変わり種カレーは出ているものの、普通のカレーまんはずいぶん少ない。

もしかして、カレー味の食品は定番人気になりすぎて、需要が減ってきているの? カレー味のカールが生まれた時期、変遷などについて、明治製菓・広報室に聞いた。

「カールが誕生した翌年、1969年(昭和44年)に『カレーがけ』というネーミングでカレー味が発売されました。当時はレトルトカレー(ボンカレーが昭和43年に発売)が登場したりと、カレーが国民食として浸透し始めた時代だと思われます」

「カレー味のカール」とか「カールカレー味」とかアバウトに呼ぶ人は多いが、発売当初は「カレーがけ」という商品名であり、平成の時代に入って、着々とその味・ネーミングを変えている。
「1992年(平成4年)には『ビーフカレー味』、1994年(平成6年)には『元祖カレー味』……、以降『南国カレー味』『煮込みカレー味』『マイルドチキンカレー味』『老舗の洋食カレー味』など、続々と発売しております。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年6月11日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品