巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

雨の日の東京駅、濡れずにどこまで行ける?

ライター情報:R&S

この7駅は全て改札外地下通路でつながっている。「東京直結7駅」なんて呼び方はどうでしょう?

( 1 / 2 )

いよいよ、梅雨本番。雨の日にありがたいのは地下通路だ。都会には地下道が張り巡らされているが、例えば東京駅、改札を出てから雨に濡れずに、東西南北いったいどこまで行けるだろうか。各方位の端を目指して、ある日曜日に実際に歩いてみた。

地図を片手に、東京駅八重洲中央口からスタート。まずは北側から調査。歩いて行くと、東京駅だというのに何だか人が少ない。それもそのはず、このあたり(大手町)は完全なオフィス街なのだ。「日本ビル」の途中で通行止め。この先の各店舗が日曜定休で入れない。平日だったらもう少し先まで行けそう。

方向を西に変えて、大手町駅の方へ進む。地下鉄のめぼしい出口をひとつひとつ当たって行くと、どうやら大手町駅C2b出口が最も北まで行ける出口のようだ。この付近もオフィス街で、コンビニまで定休日で人通りまばらだが、さらに屋内を進んで日経ホールまで到達。どうやらここが北の端。東京駅中心から直線距離で約950m。

続いて南へ向かう。東京暮らし3年の筆者だが、東京駅が大手町駅、二重橋前駅、日比谷駅の全てと地下通路でつながっていることに初めて気づく。いや、知らなかった。徐々に人通りも多くなり、ズンズン進むと日比谷駅A14番出口に到着。都心のオアシス、日比谷公園が目の前。ここが西の端のようだ。東京駅中心から直線距離で約1250m。

さて、向きを東へ変える。ここで、日比谷駅が銀座駅とつながっていることに気づく。
関連キーワード

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2009年6月21日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品