巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

液晶テレビの「倍速映像」ってどんだけキレイ?

ライター情報:羽石竜示

4倍速(240コマ)と60コマの映像比較例1。左側が240コマ。明らかに右側の60コマはボヤケている。

( 1 / 3 )

最近の家電売り場で、「○倍速機能を搭載」とアピールする液晶テレビをよく見かけるようになった。コマ数が増えて映像が滑らかになるということらしい。今回は、それを確かめるべく、液晶テレビ『ブラビア』を製造・販売するソニーに4倍速の映像を見せてもらった。

従来のブラウン管テレビやプラズマテレビにはない問題を液晶テレビは長年抱えてきた。それはコマとコマとの間に生じる「残像感」だ。テレビ放送の映像は1秒間に60コマ。それをそのまま液晶テレビで映し出すと、速い動きの映像のとき、どうしてもボヤケ(残像)が見えてしまう。

そこで、この問題を解決する手段として、倍速機能が登場した。元の60コマを120、240コマに増やし、コマ間の映像のズレを小さくすることで、ボヤケを軽減するというものだ。

論より証拠。ボヤケが本当に見えなくなるのかどうかの映像実験をしてもらった。
同じ映像をひとつの画面内で左右に2分割し、右側は60コマ、左側は4倍速「モーションフロー240コマ」で画面全体を右から左へ流すように再生。すると、明らかに
「240コマの方がキレイに映っている」
正直、これほど違いがはっきり出るとは意外だった。

さらに、ビデオカメラで撮影した入力映像がボヤケてしまっていても、それを自動検知して補正する「IBリダクション」機能も備える。
このように徹底的にボヤケを除去して、クリアで滑らかな映像を追及している。これが最先端の液晶テレビの技術力だ。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2009年7月9日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品