巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

“石”でできた名刺があるらしい

このエントリーをはてなブックマークに追加

この名刺、石でできてます。

( 1 / 2 )

先日、営業先で名刺をもらったとき、「これ、石でできているんですよ」と言われた。

どう見ても普通の紙なので、そのときは「いやいやまたご冗談を」と笑っていたのだが、家に帰って調べてみたら、ストーンペーパーという「紙」が、本当に存在することがわかった。どうやって作られているのか、またどんな目的で使われているのか? ストーンペーパーを販売している、株式会社TBMに色々とお聞きした。

「ストーンペーパーは、木材ではなく、石灰石を原料としています」(TBM担当者)
ということで、正真正銘、石からできた紙である。見た目はほとんど普通の紙と変わらないが、持ってみると、その違いがわずかにわかる。石だけに、ちょっと重いのだ。どれくらい重いかというと、一般上質紙の密度がだいたい0.85 グラム/立方センチメートルなのに対し、ストーンペーパーは1.2グラム/立方センチメートル。つるつるとした手触りで、水に濡れても大丈夫らしい。

このストーンペーパーを開発したのは台湾のメーカー。原料が異なるだけあって、普通の紙とは製造方法も大きく異なる。
「一般的な紙は、木材チップを煮込み、繊維(パルプ)を取り出してシート状にする、といった工程で作られますが、ストーンペーパーの場合、石灰石から抽出した炭酸カルシウムと高密度ポリエチレンを混ぜて小さな破片にし、それをローラーで押し出してシート状にします」(TBM担当者)
日本での取り扱いは、2008年の秋ごろからはじまったのだそうだ。
関連キーワード

ライター情報: 珍満軒/studio woofoo

高校生に間違えられるロリータフェイスでありながらB89W69H88の肉体を持つグラマラスライター。身長174センチ、体重55キロ、男性。

2009年8月5日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品