巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ソーラーフォン、どれだけの充電でどれだけもつの?

ライター情報:田幸和歌子

普通の携帯を窓際に置いてみました(写真はイメージです)。

太陽光で充電できるというauの「ソーラーフォン」。「世界初、防水機能付でソーラー充電できるケータイ」という謳い文句に惹かれた人は、けっこういるのではないだろうか。

ただし、ちょっと気になるのは、一般的な生活パターンとして「夜、寝ている間にケータイを充電→朝、充電完了したケータイを持って、出勤」という人が多そうなこと。
充電のタイミングには、世代による差があり、「若い人は電池容量が減ってから、一定以上の世代の人は使い終わったらすぐ充電」という傾向があるとも指摘されているけれど、太陽光が出ている時間帯に充電するのはけっこう難しくないのだろうか。

たとえば、オフィスで窓際にケータイを置いておくとか? 太陽光なら、会社の電気を拝借するわけではないので、本来、問題ではなさそうだけど、窓際程度で充電できるのか、また見た目的にどうなのか……という点もある。

現実的には、どのくらいの充電で、どのくらい使えるもの? KDDIに聞いた。
「太陽光があたる容量にもよりますが、お天気が良いときの場合、30分の充電で通話は2分、何もしない待ち受けは140分。60分の充電で通話6分、待ち受けは360分、90分の充電で通話は9分、待ち受けは560分ぐらいが目安となっております。ただし、天候が悪かったりすると充電しづらくなり、曇りの場合には90分の充電で通話は2分、待ち受けは240分ぐらいです」
また、メールなどは消費が早いため、また状況が変わってくるという。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年8月4日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品