巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

部屋に暴漢! 何を武器に戦う!?

ライター情報:スズキナオ

このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家のウェポンたち。

先日、友人からこんな話を聞いた。
「家に一人で居て、トイレに入ってたらドアの向こうで人が歩いているような気配がして……」

ちなみに友人はマンションの一階に住んでいる。
「俺ちょうどその時、窓開けっ放しだったし、誰か入ってきた! と思って。だけどトイレって武器何もないからさ……」
意を決した友人は「武器はないか何か武器は……」と考えた末、自分の排泄物しかない、というところまで追い詰められたそうだ。不憫でならない。お食事中の方、申し訳ありません。

結局、勇気を出してトイレを出たが部屋には何の変わったところもなく、友人が感じた気配は何かの勘違いだったということなのだが、私にはどこか笑い切れない気持ちが残った。もし、友人の杞憂が現実のものになった場合、私の部屋に武器はあるだろうか。

自分の部屋を見渡してみると、本とCDが乱雑に詰め込まれた棚にまず目が行く。『広辞苑』もあるのでまずこれの角で暴漢を一撃。重いし相当痛いだろう。いや、でも私自身が重度の非力なのでこの物知り鈍器を使いこなせるか不安だ。では、CDをフリスビーのように投げるしかないか。何か想像しただけでダメージが薄そう。ちゃぶ台は重くて投げられないし……。となるともはや、物悲しいこけし(写真参照)を見せて暴漢にふるさとを思い出させる、ぐらいしか無い!

おそろしくなってきた私は、専門家にアドバイスをいただくことにした。今回お話を伺ったのは、「護身術ネットワーク」というサイトを運営されている「正柳館」の師範、上田毅氏。
関連キーワード

ライター情報: スズキナオ

1979年生まれ水瓶座・A型。立ち飲みや無目的な街歩きが趣味。チミドロっていうテクノバンドをやっています!

2009年8月10日 10時00分

注目の商品