巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

図書館で借りたい本が「数百人待ち」の状況について

ライター情報:田幸和歌子

読みたい本、たくさんありますよね。

世の中には「一応読んでおこうと思うけど、買いたくはない」という本が、けっこうある。

そんなとき、「図書館で借りる」「ブックオフなどで探す」という人は多いと思うが、これが人気作家の新刊ともなると、図書館で100人以上待ちの事態にガックリ……というのも、また多いパターンだ。

実際、自分などはちょこちょこ図書館に行くにもかかわらず、2~3年間ずっと待ち続けている本がある。
「買えば良いのに」という人もいるだろう。でも、「買いたい本」はやっぱり別であり、そのうちに「読まなくても良い本」になってしまうこともある。

ところで、図書館で何百人、何十人待ちになる本を見るたび、不思議に思うのは、「一番乗りで借りるのはどんな人なのか」「ベストセラーの本は何冊くらい入れているのか」ということ。
そこで、一例として、ある区立図書館に、爆発的ヒットを続ける村上春樹の新作小説『1Q84』(新潮社)について聞いてみると……。
「『1』のほうの予約は現在、589件。『2』のほうは521件となっております」
!! で、図書館には何冊あるんでしょうか?
「区内全体で21冊分となります」
……気の遠くなるような混雑状況だ。

こういった人気の本を1番で借りる人が、どうしているのかというと……。
「図書館にある『リクエストカード』に、情報を得た段階で記入して、カウンターに持ってくる方が多いです。早い方は新聞やインターネットで情報を得た段階に予約されますよ」
自分の場合、「新聞やネットで情報を得た瞬間に読みたいと思う本=買う本」ということも多いので、その発想がなかった。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年9月3日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品