巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

一眼レフのボディカラーが黒が多いワケ

ライター情報:羽石竜示

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタル時代になっても、黒いボディカラーの高級一眼レフカメラは多くのユーザーの憧れ(写真はニコン製の最高級デジタル一眼レフカメラ『D3X』)。

一眼レフカメラといえば、銀塩の時代からデジタル化した今日まで、メーカーを問わずブラックボディが主流。ところで、そもそも黒にこだわる理由があるのだろうか。白ではダメなのか。この素朴な疑問をニコンに聞いてみた。

――黒ボディが増えたのはいつごろ?
「もともと黒は光学性能に有害な反射をなくすという点から、カメラ内部やレンズに用いられたほか、裏ブタや革などのカメラ外観の一部にも使われていました。ボディ全体を黒くした一眼レフカメラが増えたのは80年代です。それ以前は真鍮製カバーにクロームメッキを施したシルバーボディが主流でした」

――ニコンの最初の代表的な黒ボディカメラは。
「1979年発売の普及モデル『EM』と、1980年発売の最高級モデル『F3』です。当時、黒いボディと赤ラインの組み合わせは、新鮮な印象を与えました。
『F3』は真鍮製カバーを使用していたので、メッキの上に黒色塗装をする必要があり、下地処理を含めて手間がかかりました。他方、『EM』はプラスチック製カバーなので、黒色塗装だけで済みました。実は、黒ボディはプラスチック素材に適しているのです」

――黒ボディの機能的な理由は。
「シルバーボディが主流の時代から、プロのフォトグラファーは黒塗装を施したカメラを好んで使っていました。黒ボディには、カメラが目立たない(報道撮影)、光が反射して被写体に写り込まない(スタジオ撮影)などのメリットがあったからです。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2009年9月7日 10時00分

注目の商品