巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

実は意外に好相性! 天ぷらとラーメン

ライター情報:古屋江美子

このエントリーをはてなブックマークに追加

シンプルながらクセになる味わい。「駿河湾桜えび天ぷらしょうゆらーめん」(税込280円)

( 1 / 2 )

先日、伊豆に遊びに行ったとき、お土産屋さんにあったあるアイテムが目を引いた。その名も「駿河湾桜えび天ぷらしょうゆらーめん」。

静岡県の駿河湾といえば、桜えびの名産地。たしかに桜えびを使ったメニューがあっても不思議はない。でも、普通、天ぷらといったら蕎麦なのでは? ラーメンと天ぷらというユニークな組み合わせに興味をそそられた。 

そこで物は試しと1つ購入。早速、家で食べてみることに。すると、予想以上の相性の良さに驚いた。ポイントはなんといってもスープ。醤油の味が控えめなので、スープに溶け込んだ桜えびの風味が際立ち、海の香りを感じさせる独特の味わい。しつこくないのに物足りなさもない絶妙なバランスで、つい全部飲みほしたくなる。もちろん、サクサクした歯応えの桜えびの天ぷらも香ばしい。

商品を販売している株式会社わかふじの方に話を聞いた。
「桜えびというと、この辺りではかき揚げが定番ですが、カップめんに入れるのは技術的難しく、それなら天ぷらはどうだろうか……などと検討を進めていきました」
当然、天ぷらには蕎麦というアイディアも出たそうだが、それではありきたりだろうとラーメンに注目。ただし、天ぷらとマッチするラーメンを作るには、かなりの苦労があったようで、着想から商品化まで実に4~5年もかかったのだとか。使用する桜えびの品質にもとことんこだわっているため、
「具はシンプルにすることで、桜えびの風味を引き立てています」
とのこと。

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2009年9月19日 00時00分

注目の商品