巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

パソコンのキーボードは静かに打ってほしい

ライター情報:イチカワ

どのぐらいの強さで打ってますか?

たまにいる、キーボードを打つ音がやたらとうるさい人。
仕事場で、学校で、家の中で、もうちょっと静かにやって! って叫びたくなるほど、カタカタッと強く激しく。何か追い詰められてるようにも、イライラしてるようにも聞こえるから、周りにいると気分は良くない。

それと同時に、そんな強く打ち続けたらキーボードが壊れちゃうよ! って心配にもなる。あるとき突然、キーが利かなくなったり、取れちゃったりしないもんなのかと。

実際、キーボードって強く打っても平気なんだろうか? キーボードの耐久試験(打鍵試験)を行っている、株式会社コウデンに話を伺った。

「メーカーやキーボードの構造によってまちまちですが、1つのキーに100グラムから300グラムぐらいの加重をかけて、試験を行っています。人間が実際に使うときオンする(キーを打つ)加重は数十グラムですから、ある程度強く打っても耐えられるように作られてあります」

そっか、キーボードはそうそう壊れるもんじゃないもんなぁ。
この耐久試験、あるメーカーでは1つのキーにつき、200グラムの加重で500万回打っている。かなりの回数だから、24時間高速で打ち続けても1か月かかっちゃうほどだ。
ちなみに高速で打つから、実際の指よりも衝撃は強いんだとか。

「耐久試験でキーを打つ機械は、指でキーを打つスピードとは桁違いの速さなので、瞬間的な衝撃加重は指の何倍、何十倍だと思います。機械は、指に近づけたシリコンゴムで打ってますが、やはり人間が実際に使うのとは違いがあります。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年10月7日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品