巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

人はこうしてお風呂のゴシゴシタオルを手に入れた

ライター情報:イチカワ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴシゴシゴシゴシ……きれいになりました。

家によって「ゴシゴシタオル」とか、名付けを放棄して「体洗うやつ」とかいろいろ呼ばれてる、お風呂のボディタオル。中でもザラザラしたナイロンタオルは、今も昔も多くの人に使われている。

そんなナイロンタオルを使うたび、疑問に思うことがひとつ。それは、どうしてフワフワのタオルやスポンジあたりで満足せず、ゴシゴシ感があるナイロン製のタオルが生まれたんだろうってこと。江戸時代から使われてきたヘチマを、洗いやすく変化させたものなんだろうか。

調べてみると、世界初のナイロンタオルは、1966年の日本で生まれていた。開発したサラックス株式会社に、その経緯を伺った。

「きっかけは、売ることができない糸の処分でした。化粧パフの製造販売をしている当社に、繊維会社から、使い道のないナイロン糸が持ち込まれまして。当時、ナイロン糸はストッキングや女性の肌着、釣り糸などの細い糸しか用途がなかったので、細いナイロン糸の生産工程でどうしても発生する太い糸は困りものだったんですね。そこで、初代社長が浴用ナイロンタオルを考え出したんです」

発売当時のキャッチコピーは「魔法のヘチマクロス」。なぜ初代社長が体を洗うタオルを思いついたかは、今となっては“ひらめき”としかわからないものの、ヘチマやレーヨンのあかすりタオルがヒントになったかもしれない、と担当者は言う。つまり体を洗う商品を作ろうってことが出発点じゃなく、捨てるはずのナイロン糸の使い道を考えた結果、偶然生まれたものだったってわけだ。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年10月21日 10時00分

注目の商品