巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

砂場ってどのくらい深いの?

ライター情報:イチカワ

砂場の底、探してみますか(ただし、怪しくなりすぎない感じに)。

砂場で遊んだ記憶は、なぜかやけに懐かしい。

砂を集めて作った山、クネクネと溝を掘って作った川、その川は山を貫いたトンネルとつながっていて……。そしてそれらが、次の日無残にもつぶれてることさえ、今思えば懐かしい。

そんな砂場について、大人になってから疑問に思ってたことがある。それは、どのくらいの深さなんだろう? ってこと。遊んでいて、底にぶち当たった記憶はない。でも確実に底はある。ずっと掘っていけば、何かにぶち当たるはずだろう、と。

一体どのくらいの深さなんだろう。実際に公園で砂場を掘りまくるのは怪しすぎるから、幼稚園などの遊具を製作している、遊景空間・創に話を伺った。
「当社で砂場を作る場合、砂の深さは30から40cmぐらいです」
そんな浅かったとは! 40cmっていえば、大人のヒザ下ぐらい。子どものころ、もっと深く掘ってると思ってた。

じゃあ30~40cm掘った、砂場の底にあたる部分はどうなってるの?
「砂の層の下には、砂が流れていかないよう不織布(ふしょくふ)を敷いています。さらにその下には、水はけをよくするための砕石を敷いています。なので掘っていくと、不織布につき当たってしまいます」

砂場を製作してる数社に聞いたけど、やっぱり深さは30~45cm程度。また底の部分は、砂の下に不織布を挟まず、砕石が敷かれてるだけっていう、簡単な作りの砂場も多かった。植木鉢やプランターの構造と同じで、それだけでも問題ないという。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年11月4日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品