巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

電車がまるごとシアターに! ほくほく線に乗ってきた

ライター情報:R&S

このエントリーをはてなブックマークに追加

ほくほく線「ゆめぞらII」外観。

( 1 / 2 )

電車がまるごとシアターになる、そんな普通列車が、新潟県を走っているのをご存知だろうか。

新潟県の六日町駅と犀潟(さいがた)駅とを結ぶ北越急行ほくほく線。山間を抜ける路線は7割がトンネル区間で、車窓の風景は少なめ。お客さんに旅を楽しんで欲しい、と考え出されたのが、車輌の天井全面をシアターにしてしまおうというアイデアだ。導入当初は天井に特殊な塗料で星座を描いた「静止画」だったそうだが、現在は迫力一杯のカラフルな「動画映像」が、音楽を伴って上映されている。

映像は5種類あって、月ごとの入れ替わり。海の底から海面を眺めているように、サンバに合わせてイルカや人魚が元気に頭上を泳ぎ回る。10月に上映された「海中編」はそんな内容で、自分が今トンネルの中にいることを忘れてしまいそうだった。

映像は、座席上部の網棚に置かれたプロジェクターから、天井に斜めに投影される。プロジェクターを使った経験のある方ならおわかりだろうが、斜めに投影すると、画像はたちまち歪んでしまう。おまけに、電車の天井は一部が曲面になっている。装置の改造だけはきれいな映像が再現できず、「画像の曲がったDVDソフト」を作ることで、問題を解決したという。曲がった画像を曲がった面に写せば正常になる。マイナス×マイナスがプラスになるような理屈だが、こうして平成15年4月、「ゆめぞら」は営業運転を始めた。

昨年末からは二代目「ゆめぞらII」が運行され、映像は土、日、祝日などに1日2往復上映されている。
関連キーワード

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2009年11月7日 00時00分

注目の商品